読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Traveling Creator's Life

旅するクリエイターちびまやのライフスタイルマガジン!

My dreams... 夢への第一歩。

MENTAL

 f:id:ogimaya26:20151208230311j:plain

 

「夢は口に出すと叶う」

 

という言葉を聞いたことがある人もいるかと思います。

改めて振り返ってみるとたしかにそうでした。

 

高校生の時の部活動で、弱小の吹奏楽部だったわたしの学校は、「全国大会に行きたい!」どころか、「金賞をとりたい!」っていうのもおこがましいような実力でした。

 

案の定コンクールでは銅賞。

 

やっぱりダメなのかなと思いましたが、諦めきれなかったわたしは、3年生の最後の時には「絶対金賞がほしい!」と強く感じ、それから毎日朝練に通い、演奏している楽曲をCDで聞いてイメージトレーニングをしました。

また、副部長になった私は、部員のみんなに金賞取れるよ!来年頑張ろう!!と毎日ミーティングで話しました。

 

わたし自身もそんなに楽器が上手なわけでもなかったですし、最初はそんなこと言うのが恥ずかしかったのを覚えています。

 

でもだんだんと、一人、二人と一緒に言ってくれる仲間があらわれて、頑張りが次々と連鎖していきました。

 

また、わたしが自信をなくしていた時は友達が声をかけてくれました。

「大丈夫!きっと金賞とれるよ!」とわたしの夢を思い出させてくれました。

 

ある日練習をしていると、別のところからとても美しい音色のパート練習が聞こえてきて、1年前の自分達からは想像でもできないような成長をしているなと感動しました。

 

次の年のコンクールは銀賞で、金賞には及びませんでしたが、

後悔をしているメンバーは周りにおらず、みんなで頑張れたことを誇りに思う一体感を感じました。

 

これは中学生の時の話ですが、その後の

 

「東京の大学に行きたい」と親に行った時。

「休学して世界を旅したい!」と友達に行った時。

「未経験ですがwebデザインの仕事がしたいです!」と会社の面接を受けに行った時。

 

どれも口に出さなければ叶うことはなかったと思います。

もし、自分にできることを探すだけだったら。

わたしは一体どんな人生を歩んでいたのでしょうか。

やりたいことができていたのかなぁと思います。

 

 

 夢が叶う理由 

 

大人になった今、夢を口にするのって子どもの時よりも結構勇気がいることです。

でも本質的なことは変わらないのではないでしょうか?

 

自分の夢を周りに告げず、自分の力でコツコツ頑張れる人はすごいなぁ、と心から尊敬します。

 

わたしは周りに言ってしまったらには頑張らなくちゃ!と思う派だからです笑

 

 

でも、「夢は口に出すと叶う」という言葉には二つの意味があると思っていて、

 

一つは、周りに言ったからには頑張らないと!と自分をはやし立てるきっかけになる。

 

そして二つ目は、

自分を助けてくれる何かと出会う確率が高くなる。

 

これってすごく重要なことだと思います。

だって自分を助けてくれる強力な人と出会えるかもしれないんですから。

夢が早く叶うチャンスです。

 

きっとその人との出会いは、人生のターニングポイントになるでしょう。

 

 

人に言うのが恥ずかしかったら、TwitterでもFacebookでもなんでもいいんです。

プロフィールに「〜になりたい」と書いてみてください。

 

そうすると、ある日突然声をかけられる可能性があります。

 

どんなことでもまったく恥ずかしいことでありません!!

 

せっかく頑張っていることがある人、自分がやりたいことがある人はどんどんアピールしていきましょう!

 

 

 

これがあなたの夢の一歩になりますように。。。:.。.*:+☆