Traveling Creator's Life

旅するクリエイターちびまやのライフスタイルマガジン!

わたしが未経験からwebデザイナーになるために実行した3つのステップ〜②〜

f:id:ogimaya26:20151210213434j:plain

 

こんばんは!

昨日は、「わたしが未経験からwebデザイナーになるために実行した3つのステップ」第一弾についてお話ししました。

 

 

第一弾のおさらい。。。

 

  • アプリケーションの使い方を一通り勉強する
  • いいサイトをたくさん見て目を養う
  • 他のサイトのソースを見てみる(できれば真似してやってみる)
  • webデザイナーのブログをチェックする

 

前回は以上のことについてお話しさせていただきました。

 

これはあくまでわたしが勉強してきた流れなので、参考になれば嬉しい程度です^^

 

さて、今日はこの続きについて書いていきます!

 

なんとなくデザインとコーディングがわかってきたら?

 

この段階で、いいwebサイトってどんなのか?というのと、HTMLの基本的な部分がなんとなく理解できたとします。

 

きちんと理解してなくてもいいです!

やはり経験を積まないと細かい部分は気がつくのも難しいと思うので、

 

「最近のサイトは何カラムでできてる?」

「どういうような構成?(ヘッダー、キービジュアル、コンテンツ、サイドバー)」

 

などなど。。。

 

鉛筆と紙でラフをたくさん書いてみるのもオススメです^^

 

それらをいくつかやってみて、次はいよいよサイトを作ってみましょう!

 

 

自分で設定したサイトを作ってみる

 

少し難しそうですが、自分でサイトのコンセプトを考えて一度試しに作ってみましょう!

 

[ サイトを作り始める前に ]

 いきなりデザインを始めるのはNGです。

webデザイナーはアーティストではないので、感覚ではなく計画的にデザインしていく必要があります!

 

例)

サイトのテーマ:美容院

ターゲット:20代〜30代の女性

コンセプト:アットホームで一人が最初から最後まで担当する上質な空間

ゴール:予約の獲得

 

まずはサイトを作る前に、このような設定を考えてみます。

この設定に沿って、自分でゴールを達成することができるようなサイトを作り上げていきます! 

 

さきほどの設定だと、「予約の獲得」というゴールを達成するためには、

 

  • どういったメニューがあるのか
  • 担当美容師の顔が見えた方がいいかな
  • 予約のしやすいフォームデザイン
  • 20〜30代の女性が好みそうなデザインはどういうのだろうか?

 

などなど。まずはこういう想像できました!

 

自分で作った設定をこんな風にひとつひとつ解決するようにデザインしていくと簡単ですよ^^

 

そして大切なことは、これをどういう風に考えながら作ったか覚えておくこと!

 

作成したサイトはポートフォリオに載せる大切な作品です。

就職活動する際ポートフォリオは絶対必要なものになりますので、

未経験だからサイトが作れない><など思わず、こういう自作したサイトを持っていきましょう!

 

そして、ぜひこのサイトどういう風に考えながら作ったのかを伝えてください^^!

 

作品は、最低でも2、3個は必要になります。

 

最初の頃は時間がかかると思いますが、慣れてくると2作品目3作品目は1週間くらいで完成すると思いますよ^^

 

ぜひ頑張って作ってみてください!

 

 

次回はいよいよ第3弾で、就職活動の準備について書きたいと思います!

webデザイナーを目指されている方の参考になれば嬉しいです*