読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Traveling Creator's Life

旅するクリエイターちびまやのライフスタイルマガジン!

わたしが未経験からwebデザイナーになるために実行した3つのステップ〜③〜

CREATIVE

f:id:ogimaya26:20160113160524j:plain

前回までに、「わたしが未経験からwebデザイナーになるために実行した3つのステップ」第1弾、第2弾についてお話ししました。

 

chibimaya.hatenablog.com

 

chibimaya.hatenablog.com 

 

第1弾と第2弾のおさらい。。。。

 

第1弾では導入編で

  • アプリケーションの使い方を一通り勉強する
  • いいサイトをたくさん見て目を養う
  • 他のサイトのソースを見てみる(できれば真似してやってみる)
  • webデザイナーのブログをチェックする

 

第2弾では実践編で、

  • 自分で設定したwebサイトを作ってみる〜目的とやり方〜

 

ということについてお話ししました。

 

私は当時大学4年で時間が少し余っていた時にwebの勉強をはじめて、大学とスクールのダブルスクールをしながら生活していました。

できればwebデザイナーで就職したいなと考えていたのですが、やはり未経験での就活は結構大変で、未経験の場合は、こんな勉強をしています!というのとプラスで、きちんと成果物を提出しないと、あまり力量がわからなくてなかなか採用してもらえません。。

 

今回は、未経験webデザイナー志望として、就職活動をするときに必須あれば強みになるアイテムについて紹介します。

 

就活必須アイテム①:ポートフォリオは必須!必ず作成しよう!

f:id:ogimaya26:20160113162613j:plain未経験で実務をしたことがない場合、採用して使えるかどうか判断する一番のアイテムはやはりポートフォリオです。

 

ポートフォリオには何を載せるの?

 

私はポートフォリオに、自己紹介自分のスキル目指したい方向性作品集を載せてもっていきました。

作品集には、

  • 自分でテーマを決めて企画制作した作品(webサイト)(3点ほど)
  • チラシ用のデザイン( 1〜2点)
  • バナー作品集(10〜20点くらい)
  • 勉強の記録をつけているブログ

を掲載し、その作品ひとつひとつに、

  • 作品のURL
  • 担当した箇所(デザイン、コーディング、運営etc)
  • コンセプト(テーマ)
  • こだわった点(色や配置、機能面の使いやすさetc)

などを記載しました。

もちろん意欲のある方は、自分でとびこみで作らせてもらったサイト、や友達・知り合いのサイトなどを作成していると実践的でなおいいと思います!

 

 

ポートフォリオは何でつくるのが一番いい?

 

webデザイナーを目指す人も、やはり紙とサイトの両方で用意したほうがいいと思います。

 

まず、webサイトとしてポートフォリオを持っていることは、web業界を目指す上で、ドメインやサーバーの知識、HTML/CSSの知識など最低限の知識は身についていますという確認になります。

面接する際も、事前にこのURLを送っておくだけで、採用担当者も確認が楽になりますし、デザインだけでなくソースの知識もチェックできます。

こちらとしても、たくさん用意する必要がないので、楽でコストも少ないです。

 

紙のポートフォリオを持っておく利点は、紙のデザインの知識もあります!というアピールになります。web制作会社だからといってwebデザインばかりではない可能性があります。webサイトの宣伝など、案件に付随するチラシなどを頼まれることもありますし、やはり「DTPの知識もあります!」 というのは大きな強みになります。

そして、面接の際に、自分でポートフォリオを持っていくと説明がしやすいのも大きな利点です。先方にPCを用意しておいてもらう必要もありませんし、自分で紙をめくりながら一つ一つ説明していくので練習もできて簡単です!

 

少し大変ですが、ぜひ作ってみてください!

 

 

webデザイナーの参考になるポートフォリオサイト

「webクリエイターボックス」のManaさんのポートフォリオ

http://ja.webcreatormana.com

大学生からwebデザイナーになられたみやもとさんのポートフォリオ

http://soltio.net

 

 

就活必須アイテム②:勉強の記録をつけたブログを作成しよう!

f:id:ogimaya26:20160113165818j:plain

 

web業界を目指す人なら、勉強も兼ねて、ぜひ頑張ってもらいたいのが、「WordPressで自分のブログを作成する」ことです。 

サーバーを用意すれば、あとはダウンロードするだけなのでWordpress自体は難しくないかと思いますが、ぜひ自分用にテーマを作ってもらいたいです

 

ブログには何を書けばいいの?

 

各記事は、「デザインやコーディングに関する勉強したこと」や、「Photoshopを使って〜を作ってみた」や、SEOやディレクション、マーケティング系の記事など。

勉強したことを素直に書くだけでいいと思います。

 

ブログがあるだけで、「あぁこの人はこういう勉強をしているんだな」とか、「毎日更新していてすごく意欲があるな」と、やる気がポートフォリオだけの場合よりぜんぜん伝わります!!

 

就活に限らず、あなたが勉強した内容や記事は財産ですので、ぜひ記録しておくという意味だけでもブログをつくる価値は十分にあると思います♪

 

 

デザインにはこだわりを持って!

 

そのときに意識してもらいたいのが、「見る人を意識したデザイン」であること。

ただの自由に使えるテンプレートよりも、自分なりに見るユーザーを意識して、

  • タイトルはこういう風に変えてみた
  • サイドバーのコンテンツはこういう意味をもって配置した
  • SNSの共有をしてもらいやすくするためにボタンをここに配置した

など一例ですが、自分なりユーザー目線の意識を持ったデザインにすると、ブログに来た人も読みやすいですし、面接の際も説明する大きな強みになります。

 

そういう意味でも、ぜひ自分自身で作ったテーマを使用してほしいなと思います!

 

 

まとめ

 

私は、この流れで無事に未経験でwebデザイナーになれました。

作品のクオリティも大事ですが、デザイナーの面接でよく聞かれるのは、「どういう考えでこの作品を作ったか」という点です。

いくらクオリティがよくても、なんとな〜く作ったものは趣味であって実践では通用しません。プロはそういうところを見抜いてしまうんですよね。。。

クオリティは会社に入れば嫌でも伸びますので、仕事としてwebデザイナーを目指すのであれば、きちんと論理的に自分の作品を説明できるようになる必要があります。

それが伝われば、未経験でも採用してもらえる可能性は高まると思います!