Traveling Creator's Life

旅するクリエイターちびまやのライフスタイルマガジン!

イタリア・フィレンツェに行ったら「クーポラ」と「ジョットの鐘楼」どっちに登る?

イタリア・フィレンツェに行ったら「クーポラ」と「ジョットの鐘楼」どっちに登る?

READ MORE

 

イタリア・フィレンツェ。別名「花の都フローレンス」。

(イタリアでフィレンツェ(イタリア語)というと通じなかった。フローレンス(英語)の方が発音しやすいかも。)

 

日本でも、映画「冷静と情熱のあいだ」で有名になりましたね。

フィレンツェは革工房が多くて、Tボーンステーキが美味しい!

この街は本当に美しくて、映画の世界に迷い込んだような気分になります^^!

 

メイン!とも言えるのは、フィレンツェの街の中心にあるサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂。巨大な大聖堂(ドゥオーモ)が有名で、フィレンツェに観光に行く全ての人が訪れる場所です。

 

 

ドゥオーモの「クーポラ」と「ジョットの鐘楼」どちらに登る!?

 

さて、ひととおり教会内を見た後、ほとんどの人は上から見たフィレンツェを見たい!写真に収めたい!とドゥオーモのクーポラ(ドーム)に登るのですが、

 

 

ちょっと待って!!

 

あなたが写真に収めたいのはフィレンツェのどんな景色ですか?

 

f:id:ogimaya26:20160126153439j:plain

Photo credit: Artur Staszewski via VisualHunt / CC BY-SA

フィレンツェの街並み?

 

 

f:id:ogimaya26:20160126153836j:plain

それともドゥオーモを中心に街が広がっている写真?

 

フィレンツェといえば有名なのはあの美しい大きなドゥオーモのクーポラ。

映画「冷静と情熱のあいだ」でもこの巨大なクーポラが映るショットがたくさんありました。

 

「クーポラが入ったショットを撮りたい!」という方は、ジョットの鐘楼に登ってください。(ドゥオーモの入り口横に、ジョットの鐘楼に登る入り口がひっそりとあります。)

当たり前ですが、クーポラに登るとクーポラが入った写真は撮れません。笑

登っている最中は戻れないので間違えないように注意!w

 

 

 どっちがしんどいの?

 

「クーポラ」も「ジョットの鐘楼」もエレベーターはありません。

ドゥオーモのクーポラへ上る階段は463段

ジョットの鐘楼は414段

クーポラの方が断然混んでます。並ぶし、混んでるので途中で休憩はしづらい。。

その分ジョットの鐘楼は空いているので待ち時間もなくマイペースに登れます。

もちろん両方登ることもできますが、疲れて1日では無理!それくらいしんどいです。笑

 

 

クーポラも捨て難い。。。

 

ちなみに、ドゥオーモのクーポラ内部には、美しいフレスコ画の「最後の審判」があるそうです。私はこっちは登らなかったのですが、それは見てみたいなぁと思いました。。

 

 

登ってみた感想

 

私は、「フィレンツェといえばクーポラが入った写真だ!」と思い、ジョットの鐘楼に登ったのですが、正解だと思いました!

私の理想だったフィレンツェの街並みが見れたし、人も少なくてゆっくりとロマンチックな時間を過ごすことができました。

 

いつか大切な人とまたここに登るのが夢になりました!!^^

 

 

 

ちなみに他のアングルは、、、

f:id:ogimaya26:20160126152637j:plain

ちなみに、フィレンツェの全体の写真が撮りたい方は、ミケランジェロ広場へ!

歩くと結構遠いですが、アルノ川とフィレンツェの美しい街並みの写真が撮れます。おすすめ時間は昼間から夕方。夕暮れのフィレンツェの美しさには感動しました!

 

f:id:ogimaya26:20160126152904j:plain

橋の周りもオススメ!わたしも夕暮れの写真撮ればよかったなぁ〜。。

 

 

本当にロマンチックすぎる街です。

フィレンツェはスケジュールの関係で2日ほどしかいられなかったので、次はもっとゆっくりしたいなぁ〜と思います!