Traveling Creator's Life

旅するクリエイターちびまやのライフスタイルマガジン!

私がはじめて見た世界は知らないことで溢れていた。

私がはじめて見た世界は知らないことで溢れていた。

READ MORE

Photo credit: M1key.me via VisualHunt.com / CC BY

 

旅好きのはじまりは、20歳の時に行ったインド国際協力研修への参加がきっかけでした。

当時発展途上国の貧困について勉強していたのですが、大学2年生の春休みに、「自分の目で世界が見たい!」と思って勢いで最初に参加した海外研修。

 

 約2週間の予定で、南インドのカルナータカ州の都市と田舎を見て回りました。

 

ほぼはじめてだった海外旅行の行き先がインドということで、友達からは変わってるねなど言われて(笑)、ワクワクもありましたが、不安でいっぱいでした。

 

 

空港の外を出たとたんカルチャーショック。

 

インドの空港を降りてすぐ、出口のところに人間ぽい人が10人くらい横たわっていて、ゴザみたいなのを上からかけられていました。

 

「え!?死体!?」なんて思ったり。。。

 

もう夜だったのでその日は暗くて何もわかりませんでしたが、次の日から私はインドという国と向き合うことになります。

 

 

埃っぽい空気と牛と車と人間であふれる街。

着いた日は気が付きませんでしたが、インドの朝は活気にあふれ迫力満点。

この光景を見て、「私は今インドにいるんだ!」という感慨深い気持ちになりました。

 

2週間の間、 

スラムを訪問し、

ストリートチルドレンの子たちと出会い、

マザーテレサと同じ格好をしたマザーたちと出会い、

インドの大学生と交流して、

インドの農村にホームステイ。

 

(それぞれの細かい話はまた別の記事で書きたいと思います^^)

 

日本とはまったく違う環境で、知るのは新しい世界ばかり。

多くの人と出会い、新しい考え方に触れ、強く生きる人たちに刺激をもらいました。

苦手だった英語も少し克服し、人見知りだった性格もすこし改善しました。 

 

 

自分が知らない世界をもっと知りたいと思った

 

小さな世界で生きてきた私の価値観を覆すには、本当に十分すぎる貴重な経験でした。

田舎でのんびり育った私が、東京に圧倒され、そして今はインドにいる。

不思議な感じと、充実感で、なんとも言えない気持ちになりました。

 

はじめての海外がインドだったのはすこし体調的にも生活的にもヘビーでしたが、旅行ではない、研修という形でいろんな人と出会えて、とてもいい経験になりました。

 

20歳の頃の自分は、小心者だったけどある時突然行動力を見せたりしていた。

そのおかげで今の自分があると思います。すこしその時の自分には感謝です^^

またできるだけ早いうちに、外の世界に出てみたことは本当に正解だったと思います。

 

これからも、その時に負けないくらい自分から動いて行動して、自分の夢に向かって一歩一歩近づいていきたいです^^

 

 

 

今週のお題「20歳」