Traveling Creator's Life

旅するwebデザイナーちびまやの海外ノマドライフ!

覚悟すればすべては動き出す。〜旅にでるため休学した、21歳の私の覚悟〜

覚悟すればすべては動き出す。〜旅にでるため休学した、21歳の私の覚悟〜

READ MORE

 

旅のはじまりは今から数年前。大学3年生の今頃でした。

力を入れていた大学一番のイベントが終わり、ほっとしたのもつかの間、周りは就職活動一色に。周り中髪が黒く染まり、大学へ行くたびスーツ姿の友人と会いました。

 

 

周りの変化に焦りながらも、何をすればいいのかわからない自分。

やってみたい仕事はあるものの、何が自分に向いているのかわからない。

何もかもが中途半端でなかなか就職活動を始められませんでした。

 

そんなもんもんとした日々を送りながら、ある一冊の本と出会いました。

それが、岩本悠さんの「流学日記」という本。

流学日記―20の国を流れたハタチの学生 (幻冬舎文庫)

流学日記―20の国を流れたハタチの学生 (幻冬舎文庫)

 

 

私と同じように、これからの人生に迷いながら、世界に飛び出しちゃった学生のお話。

たくさんの冒険と、感じた素直な気持ちが、同じ学生のような言葉で書かれていて、とても共感できました。

 

今まではただ憧れるだけだった旅人のお話。

テレビや写真集で、いつか行ってみたいなぁと思うだけだった東南アジアやインド、砂漠の世界に、ロマンチックなヨーロッパの街道。

流れるような旅人たちの海外放浪生活は、いつか、いつかとたくさんある夢のひとつにすぎませんでした。

 

 

 

でも、ある日ふと思ったんです。

「行きたい行きたいって、いったいいつ行くの?」って。

 

会社に入ったら、結婚したら、子供ができたら、その夢に描いた街にはきっと行きにくくなるでしょう。

そして、私はまたそれを言い訳にして、自分のやりたいことをごまかして生きていく

そんな自分は嫌だ!と強く思いました。

 

私はその当時あまり自分のことが好きではありませんでした。

友人もいて、大学でもいろいろやってきましたが、本当に自分がやりたいことをやれているのか?と日々迷い、中途半端な自分が嫌だったんだと思います。

 

そして、「やりたいことをやってみようと」思った瞬間、迷いが一気に晴れていきました。

 

 

口ばかりだった自分。どうせなら、働く前に好きなことをやってみよう

f:id:ogimaya26:20160223170218j:plain

 

今までの私は口ばっかりで、行動がともなわない人間。

今でもそんなところはたまにありますが、そんな自分が嫌で、

「自分が行きたいところに行こう!今行かなきゃ私は一生行かない!」

と自分を変えるため、一歩を踏み出しました。

 

1年間の休学のため、友達と卒業がずれる、新卒で入っても会社の同期も一個下、、当時の私はそういうことに悩みを感じていました。

今まで小中高大とレールの上を歩いてきたので、少しそのレールから外れるのが怖かったんです。

 

でも、今回は、自分の直感を信じました。

「旅に出る!」そう自分の人生を再設計した時に感じた、脳みそのスパークを信じました。

 

 

後悔なんてゼロ。すべてが動き始めた。

f:id:ogimaya26:20160223170212j:plain

 

旅に出ようと決意する前は、小さな不安があるだけで自分の希望を押し込めてました。

 

周りと違うからとか

これやってみたいけど怖そうとか

やり方がわからない、こんなのできるのはすごい人だけとか

 

でも、今回はそんなのなし!自分のやりたいことにしっかり向き合ってやり遂げる!

そう覚悟しました。

 

 

旅をすると決め、

休学すると決めて親や学校に報告し、

親にプレゼンし、

自分で旅の費用を稼ぎ、

旅の情報収集と準備を始めた。

 

 

今まで皆と同じレールの上を歩いてきた私にとって、友達と離れて違うことをするというのはとても勇気のいることでした。

でも、不安はあったけど迷いはありませんでした。きっと今までで一番自分に素直だったからだと思います。

そしてまた、初めて自分で人生の舵を切っている!という感覚が強くありました。

 

 

そして、旅に出て、いろいろな世界を自分の足で歩いて見て。

たくさんの人に助けてもらいながらトラブルも乗り越えて、

いろんな環境で生きる人々と出会って、

言葉に表せないような素敵な景色を見て、

 

「自分が不安がっていたことはとても小さなことだったな」と感じました。

 

あの時私は、友達と違う道を選んだけど、後悔なんてひとつも感じませんでした

それよりも、自分と向き合ったおかげで、今までの悩みや迷いが晴れ、自分に自信も持てました。

自分自身と、これからの人生に、のようなものができたと思います。

 

その後、ご縁あって旅でつながった方と仕事をしたり、新しいやりたいことを見つけることができたりと、

 

旅に出る!と決断した自分だからこそ出会えた、素敵な出会いと経験ができました。

 

 

 

覚悟すればすべては動き出す

f:id:ogimaya26:20160223170247j:plain

 

当時21歳の私にとって、「旅に出る」と決めたことは、大きな決断と覚悟でした。

もしかしたら死ぬかもしれないと思ってましたし、実際危ない目にも何度かあいました。

でも、それも覚悟の上だと両親に説明し、理解してくれた両親には本当に感謝です。

 

 

人生は、日々選択をせまられる場面に出会います。

でも、その選択にきっと正解なんてないんだろうなと思います。

 

やるかやらないか

どちらを何を選択するか

 

それを決めるのは他人ではない、紛れもなく自分自身です。

大きな決断になればなるほど、覚悟が必要になるでしょう。

 

何かを選択するということは、何かを選択しないということ。

 

自分が後悔しない道を選ぶ、そして覚悟して進み続ける。

そうしたら、きっと後悔することはないと思います。

 

21歳の私が学んだことを、改めて覚えておいて、当時の自分に負けないように頑張りたいと思います^^!