Traveling Creator's Life

旅するクリエイターちびまやのライフスタイルマガジン!

フリーランスになってはじめてのお仕事が落ち着きました。

フリーランスになってはじめてのお仕事が落ち着きました。

READ MORE

 

少し更新が止まっていました。。実は、1月頃からやっていたお仕事が、落ち着いてきまして、フリーランスになってはじめての仕事だったので、とても思い入れが深いものになりました。

 

クライアントも素晴らしい方で、本当に制作も楽しく、大変喜んでいただけるものを作ることができました。

実は、ここまで来るのに大変なこともあったのですが、周りの人に助けてもらったりして、なんとかフリーランスになってひとつ目の仕事を終えることできそうです。

 

今回は、はじめての仕事を振り返ってみて、私自身いつでも見直すことができるような、初心に戻る時に思い出したいことをまとめておきたいと思います。

 

 

会社員とフリーランスの違い

 

会社員をやめた時は、正直後のことは何も考えていませんでした。

ただ、毎日帰る時間が遅い仕事で体調も悪くなり、友達とも遊びにいく余裕が持てず、だんだんと暗くなっていく自分がつらくて、今の会社はやめようと思いました。

ストレスで自分がおかしくなってしまったのは初めてのことで、周りの人に「鬱だよ」と言われて、そんなおかしくなった自分に気づくことができました。

 

先輩も仕事も大好きだった職場なので、辞めるのは心苦しかったですが、いったんリセットしたいと強く思い、会社を退職。

 

そこから、自分の本当にやりたいことを考えました。

いろいろなセミナーに行ってみたり、ずっと会えなかった人に会ってみたり。

そこで、今回のクライアントの方ともお会いすることができました。

 

会社員の時と今が違うなと思うところは、ひとつひとつの出会いや繋がりがお仕事を生むんだなという感覚です。

前は、営業さんがとってきた仕事をただこなす。といった感覚だったのに対して、今はいい意味で私自身の生き方や見せ方が、人との出会いに繋がり、お仕事にも繋がる。

 

以前のクライアントは、たまにしか顔が見えませんでした。

その時に比べると、地道ではありますが、今の方がお顔も見えるし、お相手の人柄も見えて、応援したい気持ちになるので、制作がとても充実していいものを作りたい!という気持ちで溢れています。

 

 

素直でいい心持ちの時は、いい人と巡り会える

 

また、人との出会いでいうと、やはり自分の心持ちがゆたかな時の方が、いいお仕事に繋がりやすいと思います。

仕事なので、こんなこというと甘ったれかもしれませんが、以前の職場で電話のたびに怒鳴り散らしてきて、やたらと急かしてくるクライアントの方がいて、こういう人の仕事はやはりどうでもよくなってしまいます。 。。私も人間なので。。

 

今回のクライアント様もとてもエネルギッシュで尊敬できる方で、こういう人のお手伝いができるというのは、私にとってとてもやりがいのある仕事でした。

 

出会った時を考えると、私も、何か新しいことを始めてみよう!と心を入れ替えた時だったので、そのタイミングが重なり、いい波長でお会いすることができたんだと思います。

 

出会った人と気持ち良くお話できるように、私も素直にいい心の状態を保っておくことが大切だなと感じました。

 

 

これからのお仕事の方向性について

 

といってもまだ駆け出しなので、お仕事を選べる立場ではないのですが、私にとってやりがいのある仕事は、大きなサイトや有名な会社のサイト作成に携わることではなく、「誰かの役に立つ」ことです。

 

以前、有名なアパレルブランドのデザインを任せていただいたとき、最初はとてもやりがいを感じました。でも、ブランドイメージがしっかり確立されていたので、私が自由にできる部分はほぼなし。。私が担当したのは、紙のデザイナーさんがデザインしたものをweb用のデザイン置き換えるだけでした。。。

 

思い返してみれば、この仕事を志した時、

 

まず、たくさんのものを見て、たくさんの人に出逢い、

やりたい仕事を見つけること。


そして、その仕事に熱中し、

専門的な技術と知識を徹底的に身につけること。


あとは身につけた知識と技術を生かして、

誰かの役に立つこと。

 

ということが人生の目標でした。

 

そして初心にかえってみると、私のできるかぎりの技術で「頑張る人を応援したい」という気持ちが湧いてきました。

デザインwebの力を使って、頑張る人を応援して力になれるのが私の理想の仕事です。

 

そんな心持ちでこれからの、お仕事も頑張っていけたらなと思っています!