Traveling Creator's Life

旅するwebデザイナーちびまやの海外ノマドライフ!

クリエイティブな発想は、不便がある時にこそ生まれるのかも

クリエイティブな発想は、不便がある時にこそ生まれるのかも

READ MORE

こんにちは、ちびまや(@Mayayan6)です。
みなさんは「クリエイティブ」と言われてどんなものをイメージしますか?

 私は、「何の制限もない真っ白なキャンバスに自由に絵を描く」それこそがクリエイティブなものづくりだと思っていました。

 

なので、仕事で新しい企画やコンペがあった時に、会議中「ぜひクリエイティブで面白いアイデアを考えてきて〜」って言われても、「こんなたくさん制限がある中でクリエイティブな発想なんて浮かばないよ...」とついつい諦めモードになることも。

でも、最近になって「制限の中から、生かせるものを見出してアイデアを考える」これこそがクリエイティブな発想なのでは?という考えに変わってきました。  

 

不便をクリエイティブな発想に変えた事例

不便や制限があるものを、クリエイティブな発想で有名にした事例を2つほど上げてみます。

 

低予算だからこそアイデアで勝負するテレビ東京

 

テレ東の番組っていつも斜め上な感じでシュールなバラエティが多くて大好きです。笑

その中でも私が大好きな番組「YOUは何しに日本へ?」は、低予算のため海外に行かない番組という斬新なアイデアで、スタッフが空港で来日外国人を捕まえて付いて行っちゃうという内容。

出演者はバナナマンだけだし、立派なスタジオも用意せずCGで作成、番組スタッフの体当たり的コンテンツで、少ない予算を徹底的に外国人との取材に回しているのがわかります。

国際派な番組を作りたいけどお金がない...海外に行けないなら、日本で外国人にインタビューしちゃおう!という、予算の制限を革新的なアイデアでクリアしちゃった例。

笑いあり涙ありで毎週見てしまいます。笑

テレ東的、一点突破の発想術 (ワニブックスPLUS新書)

テレ東的、一点突破の発想術 (ワニブックスPLUS新書)

 

 

低予算だからこそ素材を活かした成田空港第3ターミナル 

 

2015年にオープンした、LCC専用の成田空港第3ターミナル。

LCC専用ということで予算もあまりなかったらしいのですが、そのデザインは革新的で素晴らしいものです。私も何度か使用しましたが、ローコストで作ったとは全く思えないほど、近未来的な感じでおしゃれなターミナルです。

 

低予算で便利性やデザインにこれないからこそ、アイデアで解決した具体例

・天井はむきだしのままで開放感を演出

・動く歩道が作れないから、陸上のトラックを描いて歩くのも楽しく

・インテリアは無印良品で統一感をだし、無垢なあたたかいターミナルに

 

 

海外のLCC専用ターミナルって、ほんとお金がないの丸わかりな感じでボロっとしてるところも多いんですが、成田空港のはすごく綺麗!

デザイン性が高く、面白い作りで、飽きない楽しいターミナルです。

 

不便や制限を楽しむ!そんな人になりたい

f:id:ogimaya26:20170203134822j:plain

どちらも予算の例になってしまいましたが、日常の仕事でもこういうことってよくあります。「こういうの作りたいけどお金ないから....」クライアントさんと話しててもよく出てくる言葉の一つです。

 

ついつい諦めそうになってしまいますが、それを乗り越えられる武器こそがクリエイティブな発想。

しかもこれってデザインの仕事だけじゃなく、普通の生活でも取り入れられることですよね。

 

不便や制限があるときに、諦めず、発想の転換で乗りこえて楽しむ!そんな人になりたいです。

  

すべての仕事はクリエイティブディレクションである。

すべての仕事はクリエイティブディレクションである。